やっぱり冬はこたつで暖を取るのがいちばんです

現在、暖房にエアコンが使われますが、昔主流だったこたつは、テーブルの下部に赤外線ランプなどの発熱体があり、その上部を布団で覆い足元から温める暖房器具です。 直接触れるとやけどをする発熱体に保護する網があり、テーブルの上部を覆った布団で保温されます。

現在、技術が向上したこたつは、発熱体が遠赤外線などのヒーターに代わり、さらに、熱が行きわたるファンが内蔵されています。
また、正方形だったテーブルが、最大約6人入れる長方形や、ダイニングテーブルのこたつもあります。

「猫はこたつで丸くなる」と童謡「雪」の歌詞にあるとおり、こたつに入っている飼い主の横で、寒がりの猫が寝ている光景を見かけます。
また、昔からこたつに入るとよくみかんを食べていましたが、最近は暖かい部屋で冷たいアイスクリームを食べるようになってきました。

昔、私はこたつで暖を取っていましたが、引っ越した部屋が狭く、こたつを置くことができず、仕方なく知り合いに譲ったことがありました。 そんな残念な経験をしても、私は長年「暖房器具の中でこたつが一番暖まる」と思っています。お金借りる 即日